鷲見司法書士事務所 遺言・相続・売買・贈与
HOME >  遺言・相続・売買・贈与  > 遺言・相続

遺言・相続

遺言について

遺言を遺しておけば、被相続人の意志を相続人に伝え、
その思いのとおりに遺産を承継させることが可能になります。
(ただし、相続人から遺留分を主張されることは考えられます。)

次のような事例に該当する方は、ぜひ遺言書を作成されることをお勧めします。

子がいない夫婦の場合

後妻のほかに、別れた先妻との子がいる場合

子の中に行方不明者がいる場合

法定相続人がいないとき

入籍していない内縁の配偶者がいる場合

相続権がない長男の嫁に財産を与えたいとき

特定の相続人に相続させたくないとき・その他

  • 公正証書遺言作成サポート

    公正証書遺言作成

    遺言には、代表的なものとして
    「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」がありますが、
    自筆証書遺言は内容に不備があると無効になってしまうこともあります。

    このため、鷲見司法書士事務所では
    公正証書遺言を残されるようお勧めしています。
    鷲見司法書士事務所では、公正証書遺言作成にあたって、
    次のサポートをさせていただきます。

1:お客様との打ち合わせ
遺言者(ご本人)と面談し、どのような内容の遺言書を作成したいのかお話を聞かせていただき、
素案を作成します。
公正証書遺言作成サポート手順1
2:公証役場との打ち合わせ
素案を基に、公証役場と打ち合わせをおこないます。
公証役場へ出向けない方には、公証人に自宅や病院へ出張してもらうよう手続きをします。
公正証書遺言作成サポート手順2
3:証人立ち会い
公正証書遺言を作成するには証人2名が必要です。
身内やお知り合いに適当な方がいないときは、
鷲見司法書士事務所の司法書士やスタッフが証人になります。
公正証書遺言作成サポート手順3
4:公正証書遺言の作成
予約した日時に一緒に公証役場へ出向きます。
内容に誤りがないか確認して、証人とともに原本に署名押印をしていただきます。
手続きは10分ほどで終了します。
公正証書遺言作成サポート手順4
5:公正証書遺言の完成
ご希望に応じて公正証書遺言謄本を鷲見司法書士事務所で
保管させていただくことも可能です。

相続手続きの流れ

遺言が遺されていなかった場合の相続手続きの進め方を説明します。

1:遺産の調査

まず遺産の調査をおこないます。
不動産・預金・株式・債券・保険金といった積極的遺産だけではなく、
借入金・連帯保証債務等の消極的遺産も調査します。

2:相続税課税価格の概要計算

調査した遺産を、相続税課税価格に引き直し計算をします。
詳しくは、税理士さんやお近くの税務署へご相談ください。
  • 預金・現金

    その金額が課税価格になります。

  • 建物

    市役所の「固定資産評価額」が課税価格になります。

  • 上場株式

    証券取引所の相場価格が課税価格となります。

  • 生命保険金

    「500万円×法定相続人の数」で得られた金額が
    課税価格から控除されます。

  • 土地

    「固定資産評価額」に定められた倍率を乗じて計算する倍率地域と
    「路線価」に土地の地積を乗じて計算する路線価地域の二つの地域があります。
    国税庁ホームページで確認できます。

3:相続税の課税対象か否かの試算

試算した積極的遺産(プラス財産)から消極的遺産(マイナス財産)を差し引いた価格が基礎控除額を超える場合は、
相続税の課税対象となります。
現在の相続税の基礎控除額は次の計算で得られる金額です。

基礎控除額 = 3,000万円 +(600万円×法定相続人の数)

計算例:夫が死亡し、妻と2人の子が相続人の場合 3,000万円 +(600万円×3人)= 4,800万円

詳しくは、税理士さんやお近くの税務署へご相談ください。
課税対象となる場合
相続税の申告が必要となります。
申告手続と平行して以下の遺産分割や相続登記の手続きを進めます。

申告手続きにつきましては税務署、もしくは税理士さんとご相談ください。
お知り合いの税理士さんがいらっしゃらないときは、鷲見司法書士事務所がご紹介することもできます。

申告期限は、被相続人死亡日より10ヶ月です。
課税対象にならない場合
以下の遺産分割や相続登記の手続きを進めます。

4:遺産分割協議

被相続人死亡と同時に相続が開始し、法定相続人がその相続分に従い権利と義務を相続しますが、
相続人の間で話し合いをし「預金は妻が、○○の土地は長男が、△△の株式は長女が相続する。」
といったように遺産の分け方を協議することもできます。

これを「遺産分割協議」といいます。

子の中に未成年者がいる場合は、その子のための「特別代理人」を選任してもらいます。
また、相続人の中に認知症・知的障害等で判断能力を欠く方がいらっしゃる場合は、成年後見制度の利用、
行方不明者がいる場合は不在者財産管理人の選任等の手続きがそれぞれ必要になります。
遺産分割協議が整ったら書面にし、相続人全員が署名または記名し、
実印(印鑑登録証明書の印鑑)を押印します。

この書面を「遺産分割協議書」といい後述の相続登記等で使用します。

5:相続登記と必要書類

遺産に不動産がある場合は、相続登記をおこないます。
この相続登記には登記期限は設けられていませんが、遺産分割協議をしないうちに一部の相続人が
死亡してしまうと権利関係が複雑になってしまいます。

司法書士会では「相続登記はお早めに」と呼びかけをしております。

相続登記の必要書類は次のとおりです。
被相続人の戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本等、被相続人の出生時の戸籍から、
死亡に至るまでのすべての戸籍

被相続人の戸籍附票または住民票の除票

相続人の戸籍抄本または謄本・住民票・印鑑登録証明書

不動産の評価証明書または評価額通知書

すでに遺産分割協議書が作成されている場合はご持参ください。
作成されていないときは鷲見司法書士事務所で作成します。

遺言書が遺されていた場合はご持参ください。

6:相続登記の全国対応

鷲見司法書士事務所は、オンライン登記申請に対応していますので、
相続登記は全国どこの土地・建物であっても、
管轄する登記所へ登記申請することが可能です。


登記費用の無料お見積をしますので、お気軽にお問い合わせください。

電話番号 : 0581-22-1261

7:相続放棄

遺産を計算した結果、債務が超過してしまう場合もあります。
そのようなときは、「相続放棄」や「相続の限定承認」を検討してみます。
なお、被相続人が連帯保証していた場合はより慎重な検討が必要です。