鷲見司法書士事務所 成年後見制度
HOME >  成年後見制度  > 成年後見制度

成年後見制度について

  • 成年後見制度とは?

    成年後見制度

    精神上の障害により、判断能力が無いか不十分なご本人に代わって、
    法定後見人、任意後見人等がご本人の財産を管理したり
    身上監護をおこなったりする制度です。

    成年後見制度には「法定後見」と「任意後見」の二つがあり、
    さらに法定後見制度は、ご本人の障害の程度に応じて
    三つの類型に分けられています。

法定後見制度

1:後見類型
  • 判断能力が
    ほとんどない方が対象

  • 家庭裁判所

  • 成年後見人を選任

2:保佐類型
  • 判断能力が著しく
    不十分な方が対象

  • 家庭裁判所

  • 保佐人を選任

3:補助類型
  • 判断能力が不十分な方が対象

  • 家庭裁判所

  • 補助人を選任

任意後見制度

  • 判断能力が
    あるうちに
    任意後見契約を結ぶ

  • 判断能力が
    なくなったら

  • 家庭裁判所

  • 任意後見監督人
    が選任され、
    任意後見制度スタート

  • 法定後見制度利用の流れ

    法定後見制度が利用できる方は、認知症・脳損傷による障害・知的障害・精神障害等
    精神上の障害」により判断能力が欠ける方です。
    身体上の障害があったり寝たきりであっても判断能力がある方は対象になりません。

    成年後見開始申立と後見人選任手続きの流れは次のようになります。

1:申立の準備
手続きについて家庭裁判所、司法書士、主治医等と事前相談をします。
また、成年後見人を引き受けてもらえる人に打診をします。
戸籍謄本・預金通帳・年金手帳・親族同意書等申立てに必要な書類を集めます。
法定後見制度利用の流れ1
2:審判の申立
家庭裁判所に申立書と必要書類を提出します。
法定後見制度利用の流れ2
3:審判の手続
家庭裁判所において申立人、後見人候補者との面接(審問)がおこなわれます。
場合によっては、本人に対する調査、鑑定がおこなわれます。
法定後見制度利用の流れ3
4:審判
調査の結果に基づいて裁判官が後見開始の審判と成年後見人を選任します。
法定後見制度利用の流れ4
5:審判書の送達・確定
審判書が送達され、異議がなければ到達後2週間で確定します。
法定後見制度利用の流れ5
6:成年後見人の職務の開始
以上で法定後見制度利用の流れは終了です。
  • 任意後見制度利用の流れ

    任意後見制度利用の流れは次のようになります。

1:任意後見人の選択
任意後見人となってもらう人を選びます。
任意後見制度利用の流れ1
2:任意後見受任者と任意後見契約の項目を検討する
どんなことをやってもらいたいかのを決定し、ライフプランを作成します。
任意後見制度利用の流れ2
3:任意後見契約の締結
公証役場で、任意後見受任者(予定者)との任意後見契約の公正証書を作成してもらいます。
任意後見制度利用の流れ3
4:任意後見契約の登記
この段階では、任意後見契約の効力は生じていないため、代理行為はおこなわれません。
任意後見制度利用の流れ4
5:本人が代理を必要とする状況になる
認知症等により本人の判断能力が不十分になったときに、
家庭裁判所に任意後見監督人の選任申し立てをします。
任意後見制度利用の流れ5
6:任意後見契約の効力発生
任意後見人監督人選任の審判がされると、任意後見契約の効力が発生し、
任意後見人の職務が開始されます。
  • 鷲見司法書士事務所のサポート

    鷲見司法書士事務所では、次の成年後見業務についてサポートをさせていただきます。

成年後見制度に関するご相談

成年後見・保佐・補助の開始審判申立書の作成と提出代行

親族等に適任者がいない場合の成年後見人等への就任

任意後見契約締結のサポート

任意後見人への就任

成年後見制度についての研修会、講演会等での講師 その他